What's New
都会とは異なるのどかな田舎の配送

都会とは異なるのどかな田舎の配送

宅配業者の荷物の配送は、普通玄関先までというのが通常のルールなのだと思っていました。送り状に記載された住所の玄関先で受け取り先を呼び、引き渡してサインをもらう、この流れ以外、そう思いつくことはなかったのです。引越しによる有料の配送サービスもありますが、そう起こりうることでもなさそうです。都心に住んでいた頃と、地方に来てからの、配送の違いを感じています。のどかな地方に暮らし始めてひと月、宅配便のスタッフは、やはり地元の方なのだと思います。

祖母の家は代々続く農家で、屋敷の隣に広い田畑を持っています。自宅に誰もいないとわかった宅配便は、離れた畑まで荷物を届けに来たのです。祖母も驚く様子一つなく受け取り、宅配ドライバーも至って普通のことの様子です。広い田畑の道で、ドラーバーと世間話をしたり、田舎の配送というのは、土地ににあってのどかなのです。畑仕事を終えた祖母は、小さな小包を抱えて家に戻り、嬉しそうに届いた荷物を開封していました。

他の記事もチェック!

Copyright 2014 都会とは異なるのどかな田舎の配送 All Rights Reserved.